環境ハードウェア

  1. そうぎょうトップ
  2. 環境ハードウェア
  3. 切粉処理装置 - CBコンベア

切粉処理装置

CBコンベア

垂直型チップコンベア「CBコンベア」

チェーン(Chain)コンベアの持つ屈曲性とベルト(Belt)コンベアの持つ平面性との特性を組み合わせ生かしたコンベヤアです。
CBコンベア

特長

○従来にない垂直立上げ型のコンベア。設置空間スペースの大幅削減を実現!特に長いカール状の切粉搬送を
  得意とします。
○ベルトコンベアの平面性とチェーンコンベアの屈曲性と強制力を組み合わせた高搬送率のコンベア。
○従来の軸付きスクリューコンベアやヒンジタイプコンベアでの搬送が難しかった切粉の搬送が得意。
○水平・垂直・水平の組み合わせのため、工作機械及び周辺機器との組み合わせ検討が容易。

(同じ垂直上げ型のスクレーパコンベアやコイル式・軸付きスクリューコンベアも用意しております。)


寸法図
*図をクリックすると拡大します

仕様
 minmax
L10003000
H5501350
  *L寸法及びH寸法の組み合わせで製作します。
    (単位mm)
モーター3相200V 100W×1/200
コンベヤー
スピード
1.5m/min
過負荷検出トルクリミッター TL-350-2

構造と説明
■カール状の切粉をスムーズに運ぶ秘密は・・・

CBコンベアは搬送面に特殊構造のチェーン&樹脂ベルトASSYを使用しています。
コンベアフレームの両サイドを走るチェーンをスラットで連結し、そのスラット上に樹脂ベルトを乗せ、切粉引っかけ用のツメと挟み込んで固定しています。
そのため、樹脂ベルト自体には直接張力が働かない(負荷がかかりにくい)ようになっています。(図1)
樹脂ベルトASSY (図1) 樹脂ベルトASSY

コンベア水平部に排出された切粉は垂直立ち上がり部に入り込む際に、前進方向の力と垂直方向の力が働きます。この時にベルト自体が張力がかかりにくい構造にしてあるため、ベルトにたわみを発生させて、切粉をフレーム(背板)とベルトで包み込むようにして持ち上げていきます。(図2)
圧縮しながらの搬送 (図2)圧縮しながらの搬送

■トラブル回避について・・・
ご存知のように、コンベアフレーム内に切粉が入りすぎて身動きが取れなくなると、かなり大がかりなメンテナンスが必要になります。
CBコンベヤーのトラブルポイントは、その後の対処をし易くするために基本的に1個所に絞り込んであります。
CBコンベヤー立ち上がり部で、スムーズに運べない切粉はトルクリミッターと近接スイッチにより過負荷検出され停止します。この場合、逆転運転で過負荷の要素を取り除くことで容易に復旧出来ます。
(図3)
過負荷検出 (図3)過負荷検出

またカール状切粉と一緒に排出される細かい切粉は、引っかけ用ツメでかきあげていきます。さらにリターン時にはコンベアフレーム底部にたまりやすい細かい切粉をかきだしてくる働きもして、トラブル要素を減少させています。(引っかけツメのスクレーパ機能)(図4)
スクレ-パ機能 (図4)スクレ-パ機能

■垂直形状になったことで
従来の60度傾斜型タイプのコンベアと比較して、約800ミリのスペースが確保できます。(当社比)これにより、ライン内のレイアウト効率化や、従来のデットスペースを有効活用出来るようになります。


メールでのお問い合わせ

環境ハードウェアについて
[エコ・エネ部] TEL/0567-22-0191
ファインラス・ファインメッシュ製品について
[業務部] TEL/0567-22-0190