環境ハードウェア

  1. そうぎょうトップ
  2. 環境ハードウェア
  3. 浮上油回収装置 - オイルスキマー

浮上油回収装置

オイルスキマー

広い用途で能率アップ!
浮上油回収装置「オイルスキマー」

●各種洗浄機、洗浄槽の浮上油回収
●各種クーラント装置の浮上油回収
●工場内排水槽及び排水処理装置の浮上油回収
●給油所等の排水槽内の浮上油回収計
RB・TB ★RB・TB

特長
■クーラント用(RB-200型)
手のひらサイズのコンパクトタイプ。工作機械のコンパクト化に対応しています。

○親油性&撥水性を備えた特殊平ベルトの使用により、
  浮上油の回収効率が非常に高い。
○ベルトが液面に触れていれば回収量は変わらないため、
  液面変動に強い設計です。
○クーラントタンク専用タイプです。高温液には不向きです。
RB-200 ↑★RB-200

■洗浄機用(TB-75型)

○省スペースタイプ&取り付けもボルト2本で簡単です。
○メンテナンスしやすいシンプル機構
○親油性&撥水性を備えた特殊平ベルトの使用により、
  浮上油の回収効率が非常に高い。
○ベルトが液面に触れていれば回収量は変わらないため、
  液面変動に強い設計です。
○耐薬品性(アルカリ系)耐熱性の特殊平ベルト使用により、
  洗浄機での使用効果は抜群。
TB-75 ↑★TB-75

■屋外排水槽、沈砂池用(TB-150?300型)
・雨水などによる構外への油流出対策。
 ベルトは、TB-75型と同じ特殊平ベルトを使用。
・最大5.4mの深さまで設定可能。
・お客様のニーズで制御盤の設置も致します。

大型洗浄機用 ↑★大型スキマ?

設置例
大型スキマー設置例(屋外) 大型スキマー設置例(屋外)
大型スキマー設置例(屋外) 大型スキマー設置例(屋外)

寸法図

*図をクリックすると拡大します


TB-75型 TB-75型(本体部)
RB-200型 RB-200型(本体部)

構造と説明
各種切削タンクや洗浄槽に浮上する浮上油を、特殊開発のベルトで回収し、加工精度の向上・切削液の腐敗劣化防止・洗浄精度の向上に貢献します。
ベルトが液中に入る時に、浮上油を付着させていくのが特長です。また、洗浄機用TB-75型は切削油を洗い落として汚れた液及び浮上油を早く・多く回収するような特殊ベルトを、クーラント用RB-200型は潤滑油等の浮上油を効率よく回収する特殊ベルトを用いております。

バリエーション

 ▼クーラント用オイルスキマー(RB型)

モーター容量 3相 200V 15W
モーター回転数 27/31r.p.m
ベルト幅 20mm
回収能力 約12リットル/h(鉱物油の時)
設置深さ(L寸法) 135mm,165mm,250mm,350mm,400mm
 *異電圧、CCC、UL規格など対応出来ます。CEマーキング標準品です。
  ベルト種類は。ナイロン、SUSなどございます。

 ▼洗浄機用オイルスキマー(TB-75型)
モーター容量 3相 200V 15W
モーター回転数 27/31r.p.m
ベルト幅 75mm
回収能力 約45リットル/h(鉱物油の時)
設置深さ(L寸法) 300mm?1,000mm(100mmピッチ)
 *異電圧、CCC、UL規格など対応出来ます。 CEマーキング標準品です。
   ベルト種類は。ウレタン、メッシュなどございます。

 ▼屋外排水槽、沈砂池用(TB-150?300型)
モーター容量 3相 200V 15W
モーター回転数 27/31r.p.m
ベルト幅 150mm,200mm,250mm,300mm
回収能力 設置状況などによる。
設置深さ(L寸法) 300mm?5,400mm(100mmピッチ)
 *異電圧、CCC、UL規格など対応出来ます。CEマーキング標準品です。


オプション
オイルスキマーで回収されてきた浮上油と洗浄液(またはクーラント液)をさらに比重差を利用して分離・回収するためのものです。

使用前にタンク内に半分ほど、洗浄液(またはクーラント液)を入れておきます。
オイルスキマーの回収口(絞りシュート部)から出てきた回収油及び液は初めに(1)の槽に入ります。そこで油分は比重差から浮上し、浮上油分は油回収用のエルボから排出されます。
液は仕切り板下部を通過して(2)の槽へ移動します。液の方は(2)の槽についているソケット&パイプ部から元のタンクへ戻されます。

*図をクリックすると拡大します
オイルスキマー/オプション

TB-75用 TB-75用
RB-200用 RB-200用

メールでのお問い合わせ

環境ハードウェアについて
[エコ・エネ部] TEL/0567-22-0191
ファインラス・ファインメッシュ製品について
[業務部] TEL/0567-22-0190